業務案内

弊社は、ビルやマンション・店舗・工場・中高層物件・公共施設・そして一般家庭などさまざまな所で仮設足場工事を請け負っています。使いやすさを追求した設計で安全性とコストパフォーマンスの両立を叶えております。
これからも足場工事の職人集団として、危険な高所作業において最も必要とされる安全性を確保し、施主さまの期待に応えるべく日々努力を続けてまいります。

くさび緊結式本足場

くさび緊結式足場を使って、枠組足場と同じ強度を保ち組み立てられる足場のことをいいます。

中層から高層にかけての比較的大規模な建設現場において組み立てる仮設足場のひとつです。

墜落防止のため、防護ネット・外手すり(その下に中さん)・内手すりが必要です。また、物体落下措置として、幅木も使用します。

くさび緊結式一側足場

くさび式足場を使って構築する足場です。

縦幅や横幅がある程度自由に決められるので、通常の住宅工事やビル工事はもちろんのこと、建物同士の距離が近く足場を設ける場所が狭い場合にも有効です。

くさびで強固に連結しますのでゆるみやガタツキが少なく安全で、組立作業が早くコンパクトで耐久性にも優れており経済的です。

吊り足場

橋や工場など、下が川だったり道路だったりして地面から足場を設置できない場所においては、上から吊り下げるようににして構成する吊り足場が用いられます。吊り足場は非常に危険で技術のいる作業になりますが、足場を使用する設備会社や塗装会社などの業者の方々が安全に作業ができるよう、細心の注意を払いつつ、動きやすい足場を組み立ることを心がけています。吊り足場は組立ができる職人が減ってきている難しい作業ではありますが、地面から足場を組まない分、低コストで工事ができる場合もあります。

棚足場

チェーンなどを使用して高所に枠組をつり下げ、その上に足場板(床)をかけた足場です。施工範囲を自由に歩き回れるため作業効率が高く、鉄骨のボルト締めや、溶接、鉄筋の組み立て作業などに使用されることが多い足場です。
工事内容や、建物の規模などに合わせて強度やサイズを考え、最適な足場を施行いたします。

手摺先行足場

「足場からの墜落防止措置の効果検証・評価検討会」のまとめによると、足場からの墜落・転落による事故の多くは、労働安全衛生規則で定められている墜落防止措置が適切に実施されていない足場で発生したものであり、法定事項の遵守徹底が工事に携わる人々の安全を守るためには必要不可欠です。これに加えて、組立・解体時の最上層からの墜落防止措置として効果が高い「手摺先行足場」の設置を安全対策のひとつとして進めることが労働災害防止につながります。